アーティスト

青木豪

青木豪

1967年横須賀生まれ。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。
97年に「アフタースクール」で劇団グリングを旗揚げ。
全18公演の作・演出を務め、市井の人々の巧みな会話劇で評判を呼んだが、2009年に活動休止。2014年に解散。
現在はプロデュース公演や他劇団へと、バラエティに富んだ作品を提供している。



主な舞台作品は、「東風」(05/鶴屋南北戯曲賞ノミネート)、「獏のゆりかご」(06/第51回岸田戯曲賞最終候補作品)、「ゆすり」(08)以上作・演出、 「エスペラント~教師たちの修学旅行の夜~」(06/鶴屋南北戯曲賞ノミネート)、「流星ワゴン」(06)、「渇いた人々は、とりあえず死を叫び」(09)、「ガラスの仮面」(10)、「八犬伝」「断色」「鉈切り丸」(13)、「9days Queen〜九日間の女王〜」(14)以上脚本、 「往転-オウテン」(12/第66回文化庁芸術祭新人賞受賞)演出、など。

また、09年に脚本を手がけたHTBスペシャルドラマ「ミエルヒ」で第47回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞など数多くの賞を受賞。 NHK FMシアター「リバイバル」でABU賞受賞と、その活動は多岐に渡っている。

2012年9月から2013年7月まで、文化庁新進芸術家派遣制度によりイギリス、ロンドンに留学。

最新情報は青木豪 Official Siteからどうぞ!
今までになかった、全く新しいギャグ・ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」にシティーボーイズ、中村ゆうじ、竹中直人らと共に参加。1985〜89年まで活動
92年著書「ゴドーは待たれながら」の一人芝居(役者:きたろう)を演出
「シティボーイズ・ライブ」に中村有志と共に95〜98年まで構成&出演で参加
97年シティボーイズ三鷹公演、フジテレビ・アナウンサーによる朗読会98年「ラヴシーン3」、 99年「ラヴシーン4」などの構成/演出等を努める。
国立劇場2000年8月特別公演「新しい伝統芸能-怪しの世界-」で野村万作、萬斎親子共演による狂言「鏡冠者」の作を努め、現在も野村氏の各地公演で幾度も再演されている。
2002年に日本を代表する笑いの劇作家(別役実、井上ひさし、筒井康隆、ケラリーノ・サンドロヴィッチ)各氏と 新しくモダンな東京の笑演劇を実践する舞台公演「空飛ぶ雲の上団五郎一座」をラフォーレ原宿にて旗揚げ。 いとうは脚本/総合演出/出演を務める。 2004年には、第二回公演「キネマ大作戦」をシアターアプルにて行う。
2006年「シティボーイズミックス・ライブ」に5年ぶりに構成&出演で参加。
2007年「レミゼラブ・ル」脚本・演出がブルースカイのため、初の役者のみの立場で出演。
アルバム「業界くん物語」(1985発売/東芝EMI)
アルバム「建設的」(1986・1991CD再発/ ポニーキャニオン)
12インチEP「BODY BLOW」 (1986・1991CD再発/ポニーキャニオン)
CDアルバム「MESS/AGE」(1989/アストロネーション・レーベル)
CDアルバム「SUBLIMINAL CALM」(1992/ビクター ※SUBLIMINAL CALMは藤原ヒロシとのユニット)
CDアルバム「OREDESM」(1992/ソニー)
CDアルバム「The Vaginals」(1994/東芝EMI ※選曲/監修で参加)
「カゼアナ」(2008) ※いとうせいこう&POMERANIANS≡名義
「JUST A ROBBER 1」(2008) ※JUST A ROBBER名義
「ミュンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング」  いとうせいこう FEAT.KAN TAKAGI・DJ BAKU・DUB MASTER X(2008)
「ミュンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング QUIET」  いとうせいこう・沢知恵・DUB MASTER X(2009)
THE DUB FLOWER「WORLD HAPPINESS」(2009)
いとうせいこう & Tinnie Punx/Subliminal Calm  「TOKYO SUITE Selected by NIGO」(2009)
ロロロ「everyday is a symphony」(2009)
ロロロ「CD」(2011)
小説 「ノーライフキング」(1988/新潮社、91/新潮文庫)
「ワールズ・エンド・ガーデン」(1991/新潮社、94/新潮文庫)
「解体屋外伝」(1993/講談社、96/講談社文庫)
「波の上の甲虫」(1995/求龍堂、98/幻冬舎文庫)
「豊かに実る灰」(1996/マガジンハウス)
「BACK 2 BACK」(2012/河出書房新社  ※佐々木中氏共作)
短編小説 「ハプニングみたい」(1992/講談社 2002/講談社コミックス ※岡崎京子氏共作)
「去勢訓練」(1997/太田出版)
紀行文 「からっぽ男の休暇」(1991/講談社、94/講談社文庫)
「見仏記」(1993/中央公論社、97/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
「秘 見仏記」(1995/中央公論社、99/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
「スキヤキ」(1995/集英社)
「岩だらけの懐かしい星」(1996/角川書店)
「見仏記 海外篇」(1998/角川書店、00/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
「見仏記 親孝行篇」(2002/角川書店、05/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
「見仏記 ゴールデンガイド篇」(2009/、11/角川書店※みうらじゅん氏共作)
「見仏記 ぶらり旅篇」(2011/角川書店※みうらじゅん氏共作)
コラム/
エッセイ集
「コンビニエンス物語」(1990/太田出版、92/新潮文庫 ※泉麻人氏共著)
「ワールド アトラス」(1990/太田出版、97/幻冬舎文庫)
「全文掲載」(1992/新潮社、95/新潮文庫)
「ボタニカルライフ-植物生活-」(1999/紀伊國屋書店、2004/新潮文庫 ※第15回講談社エッセイ賞受賞)
「職人ワザ!」(2005/新潮社、08/新潮文庫)
「自己流園芸ベランダ派」(2006/毎日新聞社)
「江戸のセンスー職人の遊びと洒落心」(2009/集英社新書) ※荒井修氏共著作
児童文学 「難解な絵本」(1990/角川書店、93/角川文庫)
「アタとキイロとミロリロリ」(1994/幻冬舎、98/幻冬舎文庫)
翻訳文学 「セケン・ムナサンヨー」(1992/角川書店)
「マルクス・ラジオ」(1995/角川書店)
対談集 「西麻布ダンス教室」(1994、98増補新版/白水社※桜井圭介、押切伸一氏共著)
「世紀末は世紀末か」(1995/早川書房 ※赤間啓之氏共著)
「ダンシングオールナイト」(1998/NTT出版※桜井圭介、押切伸一氏共著)
「他流試合」(2001/新潮社、金子兜太氏共著)
「文芸漫談-笑うブンガク入門-」(2005/集英社)
「プランツ・ウォーク 東京道草ガイド」(2011 /講談社※柳生真吾氏共作)
戯曲集 「ゴドーは待たれながら」(1992/太田出版)
コント集 「幻覚カプセル」(1992/扶桑社)
その他 「禅絵魂」(2000/小学館 ※川崎ぶら共著)
「小説版 未来日記」(2000/ソニーマガジンズ ※監修で参加)
「怪しの世界」(2001/紀伊国屋書店、共著)
「うんちくブック」(2003/双葉社、監修で参加)
「熱血スペシャ中学公認教科書 おませさん」(2004/双葉社、監修で参加)
「代官山物語」(信藤三雄監督)
「スペーストラベラーズ」(本広克行監督)
つんくタウン2丁目企画「GO-CON !」」
NHK FMシアター「F001号」「誰か、ネロをさがして」
青春アドベンチャー「スウィート・アンダーグラウンド」
MBS 「ビート・キッズ」第3話
TOKYO FM Suntory「Saturday Waiting Bar Avanti」
NHK FM 青春アドベンチャー「笑う世紀末探偵」(ラジオドラマ)
VPSANYO
VP田辺製薬

お問い合わせ

株式会社キューブ http://www.cubeinc.co.jp/

〒150-0011 東京都渋谷区東3-25-10 T&Tビル8F
Tel:03-5485-8886(CUBEファンクラブ事務局)
MAIL:webmaster@cubeinc.co.jp

株式会社リコモーション http://www.ricomotion.com/

【TOKYO】
〒150-0011 東京都渋谷区東3-25-10 T&Tビル8F
Tel:03-5485-8886
【OSAKA】
〒534-0011 大阪市都島区高倉町2-4-25 ヴェルダ・リコ3F

株式会社キューブ オフィシャルサイト ホーム 株式会社キューブについて 採用情報 オーディション 携帯サイト 株式会社リコモーションについて(外部サイトへ移動します)

▲ ページのTOPに戻る

© cube inc. all rights reserved.プライバシーポリシー